サハロフの日記

哲学したいPの日記。

GLORIOUS ST@GE初日感想

なんだか今更な気もしますが。

アイドルマスターSideM、3rdライブツアー初日公演、お疲れ様でした。

今回の舞台を見て、私は無事にSideMにドハマりしてしまいました!!!

 

まず開幕は「DRIVE A LIVE」。聴いた瞬間に高まりを感じました。

アニメでは最終回で流れたので、今回も最後に流れるかと予想していたのですが、いい意味で裏切られる形となりました。

そして、ユニット曲はドラスタの「STARLIGHT CELEBRATE!」に始まり、初期の曲と新曲が入り混じるセットリストでした。

 

中でも私が惹かれたのは、Café Paradeの新曲です。

三日月が舞台のスクリーンに映し出され、すぐ「MOON NIGHTのせいにして」を想起したのも束の間、流れてきたのが「Reversed Masquerade」でした。

ゾンビのような動きに始まり、曲が進むと華麗な舞踏会のごときダンスを披露して見せた声優さんたち。比較的、声が特徴的なメンバーであることも合わせて好きなユニットだったのですが、今回のパフォーマンスで更に好きになりました。

とくに、アスラン=ベルゼビュートⅡ世役の古川慎さんは、よく伸びる声がとても素敵だと思います。

 

新曲だけではなく、今まであまり聞かずにいたユニットの既存曲も、新たな魅力を感じさせてくれました。

天才だと感じたのは、もふもふえんの皆さんです。

成人男性が幼い男の子を演じること自体、違和感を覚えて然るべきことだと言えるのですが、このユニットに関しては違和感を超えて唸らされました。

かわいい。この一言に尽きます。 

 

声の個性が強いという意味では、Legendersの皆さんも負けていません。

甘く性的な声、柔らかい声、伸びのある声。三者三様の魅力があるユニットです。

葛之葉雨彦役の笠間淳さんが仰っていたことも印象的です。

「アイドルは最高ですか?」

「そのアイドルを育てているのは皆さんです」

うろ覚えですが、こういう趣旨の話でした。

アイドルをプロデュースしているという感覚、意外と忘れがちかもしれませんが、その点を思い出させようとしているのは、素敵ですよね。

 

また、胸にこみあげるものがあったのはF-LAGSです。

元女装アイドルの秋月涼が、男性アイドルとして歌って踊っている事実。

仲間とユニットを組んで活き活きとパフォーマンスする姿が、とても尊いです。

秋月涼役の三瓶由布子さんがとても楽しそうで、その点も良かったです。

「全員でアニメに出たい!」との発言には、黙って頷くしかありませんでした。

 

上記に挙げたユニット以外にも、神速一魂やTHE 虎牙道、FRAMEは単純にカッコよさを再認識しましたし、Altessimoや彩は、私がまだ見つけていない魅力がありそうだと思いました。

アニメ組は、パフォーマンスやトークに安定感が出てきた気がします。

ライブの最後には、SideMのこれまでの軌跡を振り返る映像が流れました。

これから、46人のメンバーがどんな道を作るのか、とっても楽しみです。 

 

さて、他にも語りたいことはありますが、今回はここまでにします。

アニマスからアイマスの世界に入り込んだ私が、いちばん語りたいのは、やっぱりあのユニットのあの演出なわけですが・・・。

それはまた、別の機会にしようかと。

さて、「LIVE ON ST@GE」をインストールしましょうかね。