サハロフの日記

哲学したいPの日記。

Yes!プリキュア5感想①

Yes!プリキュア5」第1話の感想です。

 

HUGっと!プリキュア」が放送開始されましたね。

そのこととは何ら関係なく、ただ興味が湧いたのでYes!プリキュア5」の第1話を見てみました。

www.toei-anim.co.jp

 

主人公は、夢原のぞみ(CV:三瓶由布子)、中学二年生。

「夢」を見つけたいけど見つからない、そんな現状に悶々とする女の子です。

のぞみはひょんなことから(定番ですね)イケメンと出会いますが、そのイケメンは実はココ(CV:草尾毅)という妖精でした。

ココはなんでも願いの叶うアイテムを探していましたが、それはナイトメアと呼ばれる怪人たちも追っているものでした。

怪人はココの願いをけなしますが、それがのぞみの怒りを買いました。

そして、怪人に立ち向かったのぞみは、伝説のプリキュアに変身するのです!

のぞみは怪人を撃退して、ココに協力することを約束。

第1話はこんな感じでした。

 

プリキュアシリーズは断片的にしか見たことがありませんでしたが、今回この話を見たところ、予想以上に楽しめました。

他のプリキュアは、学園の生徒会長とその親友、新入生の若手女優、そしてのぞみの親友が変身するのでしょう。

主人公目線での評価は、こんな感じでしょうか。

 

親友ポジション→スポーツ万能で頼られる子

新入生の女優 →夢を見つけて活動している子

生徒会長と親友→大人の女性

 

公式のキャラクター紹介でも「成績も運動も今一つ」とされているのぞみですが、他のプリキュアと比べてどんな強みが今後見られるか、気になります。

その他にも、彼女たちがどういったチームを作るのか、故郷を蘇らせるというココの願いはどうなるか、単純に楽しみです。

 

登場するキャラクターたちが、プリキュアを見る女の子にどう受け入れられるのかを考えるのも面白そうですね。

今後も気が向いたときに見ていきたいと思います。

ついでに、今回プリキュアシリーズを見ようとしたきっかけはこちらです。

 

眼鏡好きとしては、プリキュア5眼鏡っ子がいないのは残念ですが、そこは仕方ないことと割り切っていきたいですね。