サハロフの日記

哲学したいPの日記。

実写版『ダイヤモンドは砕けない』第一章感想

ジョジョの奇妙な冒険』の実写映画感想です。
※ネタバレあり

地雷臭がして放映当時は手を出しませんでしたが、先日観る機会を得たので挑戦してみました。

実写版のキャストが発表された頃には、設定の改変についてTwitterで騒ぐ人がいた印象があります。
神木隆之介さんが演じる広瀬康一が転校生にされたり、山岸由花子が最初から登場していたり、という改変です。

映画を観た人なら、この改変もそれなりの理由があることは分かると思います。
一般人の康一くん目線で、スタンド使いの仗助を登場させ、かつ由花子も不自然でないように登場させるには、この改変は大事でした。
(そもそも原作でも、由花子は唐突に登場している印象があります)
まあ、康一くんが由花子にハナから偏愛を向けられているのは笑いましたが。


その他にも改変はありましたが、これは改良だ、と断言できるのは、東方良平の出番の増加です。
主人公、東方仗助の祖父である良平は、原作でも気の良い巡査でした。
この映画では、原作にも増して、良平の人柄が強調されています。

杜王町を守る巡査」として、仕事の無い若者に優しい言葉をかける姿や、子供たちから送られた感謝状を眺める姿などが、小分けにして描かれていました。
また、「杜王町を守る巡査」になろうとした契機の事件についても、触れられています。
漫画を読んでいたころは、仗助が精神的に成長するためのキーパーソンという程度の認識でしたが、この映画を通して、彼もまた、強い意志を持つ人物だったのだと認識しました。


さて、ジョジョの実写化で気になるのは、やはりスタンドの存在でしょう。
感想から言うと、違和感は拭えないものの、面白い表現が沢山ありました。

クレイジー・ダイヤモンド」で殴られても即座に治るヤンキー。
転んだはずが「スタープラチナ」により助けられる康一くん。
アンジェロのスタンド「アクア・ネックレス」の攻撃方法はだいぶエグいです。
改めて、水を操る能力の強さを感じました。
「ザ・ハンド」はやっぱり強さが異常ですね。あと見た目が地味に好きです。
「エコーズ」はかわいいです。

そんな、数あるスタンドの中でも、岡田将生さん演じる虹村形兆のスタンド、「バッド・カンパニー」の描写はスゴいと思いました。
おもちゃの軍隊めいたスタンドが、仗助を追い詰めていく様子は、かなり緊迫感があったように思います。
映画の序盤から、弓と矢で暗躍する形兆が描かれていただけに、圧倒的な強さを感じたものです。
それだけに、最後のあっけなさはなんとも言いがたいですが。


そして、最後に「キラークイーン」が登場したときには驚きました。
原作の音石明の代わりに、吉良吉影がこの段階で登場したわけです。
かなり驚きました。(2回目)
「レッド・ホット・チリ・ペッパー」が大好きな私としては、リストラされて欲しくないのですが、どうなるのでしょう。
続編にも期待を寄せつつ、感想を終わります。


最後に・・・肩幅が狭いJOJOも好きです!