サハロフの日記

哲学したいPの日記。

「恋するTwist&Shout」に恋をした話

全世界のやよいPと律子Pは、この曲を聴いてくださいね。

 

アイドルマスターステラステージ」が発売されてから、はや三ヶ月。

ゲーム自体の話題を聞くことが、正直なところ、あまりありません。

高頻度でイベントがあり、SSRが実装されるデレステやミリシタに加えて、彗星のように現れた新シリーズ「シャイニーカラーズ」もあり、話題性ではどうあがいても勝つことができないのでしょう。

f:id:raisaku:20180331233412j:plain

ミリシタにて、待望の律子SSRが実装された。

961プロの新アイドル「詩花」の評判も、特に耳にすることがありません。

悲しいことですが、これもアイマスの趨勢なのかもしれません。

 

・・・こんなことを、最近は思わずにはいられませんでしたが。

今月発売されたCD「星彩ステッパー」に収録された新曲「恋するTwist&Shout」が心に突き刺さったので、まだ悲しい気持ちになるのは早いと考えを改めました。

 

「恋するTwist&Shout」は、高槻やよい秋月律子のデュエット曲です。 


【楽曲試聴】「恋するTwist&Shout」(歌:高槻やよい&秋月律子)

 

この二人といえば、「アイドルマスター2」の楽曲「愛 LIKE ハンバーガー」が想起されますが、それとはまた違った魅力があります。

曲調はどことなく「学園天国」を思わせる、ノリの良さが特徴的です。

歌詞も「女の子に恋する、ちょっと悪ぶった男の子」視点に受け取れます。

それを歌うのが、やよいと律子なのですから、ギャップもひとしおです。

 

二番の律子ソロパートにですね!惚れたんですよ!

男言葉といい巻き舌といいカッコよすぎです!

 

・・・それはともかく。

曲名にあるTwist(ツイスト)は、腰をひねるダンスのことだそうです。

Shout(シャウト)はその通り叫ぶように歌うことですが、この二つの用語をわざわざ曲名にした理由も、何かあるんじゃないかと思います。

歌詞中にある、ダンスホールやジュークボックスという単語も、現代では馴染みが薄い存在であるように思いますが、そうした単語を選んで使用していることにも、なんらかの意味合いを感じ取ろうとすればできますよね。

新しい曲と出会ったとき、そうした意図を考える楽しさもあります。 

裏返せば、意図を考えるくらいには、この曲に惚れてしまったということです。

 

ともかく、この曲を作ってくれた宮崎誠さん、ありがとうございました。

CDのタイトルである「星彩ステッパー」もゲーム音楽みたいで魅力的です。興味が湧いた方はぜひ、聴いてみてください。