サハロフの日記

哲学したいPの日記。

明日に期待して

ラベンダーの花言葉には「期待」があるそうです。

早いもので五月も終わりですね。

月末は毎回毎回、「早いもので」と枕詞を付けたくなります。

今月は上手くいかなかったと思う人も、上手くいった人も、六月はもっとよくなると期待して生きていくのもいいのではないでしょうか。

 

古くは坂本九さんの「明日があるさ

新しい有名どころでは高橋優さんの「明日はきっといい日になる」

明日へと向かおうとする、前向きな歌はたくさんあります。

 

もちろん、前向きに生きることは強制できることではありません。

どうあがいても変えられない現状に、イラつくこともあるでしょう。

しかし、音楽を聴くことで、その気持ちを少しでも変えられるかもしれません。

私はそんなふうに思います。(楽天的で、無責任かもしれません)

 

中庸を心掛けたい私は、前だけを見ろ、というのも極端だと感じます。

前も後ろも左右も見ながら、自分なりに進んでいけたらいいですね。

その道中には、音楽をお供にして。

そんな私なりの考え方の整理でした。

 


高橋優初監督MV作品「明日はきっといい日になる」オモクリ監督エディットバージョン(Short size)